だからこそ

人の波に乗らない 笑ってる場合かヒゲ

 ステイホームならでは、YouTubeならではの企画、楽しいアイデアだな~と思いました。

 

P97

 よくテレビでね、マツコさんあたりがオススメのスイーツかなんか食べたりね、「秘密のケンミンSHOW」なんかでご当地名物をスタジオのみなさんがワイワイ食べたりしてるのを見てるとね、誰だって「あー食べてみたい」と思うじゃないですか。でまぁ、我慢できない人はすぐさま通販で頼んでみたり、週末にわざわざそのお店に行って行列に並んだりとかして、テレビで紹介されていたその味を自分の舌で確かめてみるというね。

 でも本当はマツコさんが食べてる瞬間にこっちも食べてみたいわけですよ。マツコさんと同じタイミングで口に入れて、マツコが「あーこれはワタシ好みだわ」とか言ったら間髪を入れずに「あ!ワタシもこれ好き!」とか言いたいわけですよ。「ケンミンSHOW」で「実はスタジオにご用意してます!」なんて言われたら、我が家にも同じものを持ってきて欲しいわけですよ。でも、もちろんそんなことはできないと分かってる。テレビは基本的に一方通行ですからね。

 でも、ちょっと待てよと。「コレ、ユーチューブならできるんじゃないか?」と、わたくし思いましてね。

 つまりは、これからユーチューブでグルメ番組を配信するとして、そこで紹介するものを希望者に先に送るわけですよ。中身は知らせずにね。そして生放送の当日、送られた人は画面を見ながら、こちらと同じタイミングで箱を開けて、こちらが試食するタイミングで一緒に食べてみる。「おー!これは塩味が効いておいしいね!」とか言えば、見ている人も「あー!確かにおいしい!」と、まったく同じ体験ができるわけです。今までテレビを見ながら「あっちばっかりうまそうなもん食いやがって」と地団駄を踏んでいたあの悔しさから解放されるわけです。

 ・・・

 と、こんな話をしてたら岡山県の方が興味を持ってくれまして、この企画が実行の運びとなりました。それで先日、私が岡山県備前市を訪れて、地元の人だけが知っているような美味しいものをいろいろと試食させてもらって、個人的に「コレはいい!」と思ったものをいくつか選びました。それを箱詰めにして、ネット上で「なにが送られてくるかわからないけど買ってくれる人」を募集して、希望者に配送しました。

 そして来たる2月26日の18時半から、ユーチューブの「どうでそうTV」で「備前のいいものバーチャル体験」と題した生放送をいたします。テレビとは違って、ユーチューブには視聴者がコメントを書き込める機能があります。事前に送られた人たちが生配信中に「これはうまい!」とか「私はイマイチ」なんて正直な感想をコメントしてもらえれば、それはテレビよりもリアリティーのあるグルメ番組になると思うのです。

 旅行に出かけることも、飲食店に出向くこともなかなか難しい状況だからこそ「やってみよう」と思った企画で、こんな状況だからこそ「やってみましょう」と言ってくれる人も出てきて、だからこんな状況も「悪いことばかりじゃない」と思っています。