2022-05-12から1日間の記事一覧

こころとお話のゆくえ

久しぶりに河合隼雄さんの本を読みました。 P39 ・・・子どもの頃に読んだ面白い話を思い出した。それは「水戸黄門」の講談である。私は講談の愛読者だった。あるところに幽霊が出て人々を困らせるのだが、その幽霊は出てくると、「今宵の月は中天にあり、ハ…